2016年11月09日

常に最悪の事態を想定しよう

トランプ大統領が誕生です
イギリスのEU離脱の前例があったので、副業の方は資金を避難しておきました。
結果は大正解でした。

トランプ氏が大統領になるなんてないだろう」と思っていた人も多いはず。
そこが孔明の罠ですね。
警備も同じ事が言えると思います。

こちらが考えている事と
相手の考えている事は同じとは限らない。
常に最悪の事態を考えて行動するようにしてます。

しかし、私は結構慌てやすい性格なので、
イレギュラーが起こった時は心の中で呟きます。

まて、慌てるな。これは孔明の罠だ
一息ついてから、この名台詞を思い出すと結構冷静になれます。
posted by ケイビやったろう at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 警備員の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警備員 ブログランキングへ